法定部分はどこでやっても同じ金額

自動車を所有していると、定期的に車検を行わなければなりませんが、気になるのはその費用の平均がいくらぐらいなのかということでしょう。内訳としては、大まかに言うと法定部分の費用と基本料の2つから成り立っているため、その2つを合計した金額を用意しなければならないということになります。このうち法定部分は、自賠責保険料と、重量税、そして検査手数料から成り立っており、どの業者で行ってもその金額は同じですが、軽自動車と普通自動車の違いなどによって変わる部分もあります。自賠責保険料に関しては、軽自動車の場合だと26370円ですが、普通自動車は27840円と若干高くなります。そして重量税は、エコカー減免制度が適応された車の場合は軽自動車で2500円になりますが、普通自動車の場合は重量によって5000円~12500円まで幅があります。さらに検査手数料は、どの車種でも1100円になります。

基本料は依頼する業者によって違う

次に基本料については、依頼する業者によって平均的な相場が変わってくるという特徴があります。費用相場としては、整備工場やガソリンスタンド、カー用品店は5万円~7万円程度で、ディーラーの場合は7万円~8万円程度とやや高めになります。そして、部品の交換などが必要になる場合はその分の料金が追加されるという仕組みになっていると言えます。それぞれの業者の特徴としては、ディーラーは純正パーツを使用するため信頼性が最も高いといえますが、料金が高いという難点んがあると言えるでしょう。そして整備工場やカー用品店は、平均的な料金で幅広い車種に対応しているというメリットがありますが、担当するスタッフによって車検の質が異なる場合があると言えます。さらにガソリンスタンドは、最も安く依頼できるという点や、店舗が多いことなどがメリットだと言えますが、代車が利用できない場合も多いためその点は注意しましょう。

できるだけ安く済ませるためには

車検を安く済ませたい場合は、複数の業者に見積もりを取ってもらい、比較検討した上で決めるとよいと言えます。直接店舗を訪問して見積もりを出してもらうのが一般的だと言えますが、業者によってはインターネット上で見積もりが行える場合もあります。そして一括見積サイトなどでは、近隣にある店舗やクレジットカード利用の可否などの便利な情報が分かることろもあるため、そちらを利用してみるのもよいでしょう。また、見積書の見方については、先ほども紹介したように法定部分はどの業者でも同じなので、基本料の部分を細かくチェックするようにしましょう。

記事一覧