車検の費用が相対的に高いディーラーに依頼するメリット

依頼する場合の必要となるコスト

車検を受けることになる場合、自分自身で自動車そのものの整備、あるいは必要な関係書類の事前準備ができるならば運輸支局へと自動車自体を持ち込んで車検を終わらせるという方法があります。こうした場合自動車に関しての専門的な知識や整備テクニックに加え、月曜日~金曜日の日中に時間をしっかり作ることも求められます。こうしたことが難しいというようなケースでは、ディーラー、あるいは民間整備工場、さらに専門業者並びにカー用品店などにお願いすることとなります。おのおのの業者、あるいは店によってコストが変わってきますが、法定費用はどこででも同じなので、変わってしまうのは点検整備料、あるいは代行料といったコストで、高い所と安いところではギャップが大きくなります。こうした業者、店の中で、最も費用が高くなる可能性が高いのがディーラーへと検査整備をお願いする場合です。

部品交換など高額ですが安心感があります

ディーラーを活用することによって整備を実施する場合電子システム診断装置を採用しているところも非常に多く、こうした装置を利用して自動車そのものの電子制御している部位を診断し、異常動作、あるいは交換が要される部分を明確にしています。故障、あるいは交換する場所がピンポイントで見極められるので、必要な物の他に部品交換するといったことはなくなります。部品をチェンジする際、その製造メーカーの純正部品を用います。純正部品を活用するので安心というアドバンテージがありますが、あわせて純正部品につきましては高い価格のことが多いためトータルコストが高まるというウィークポイントもあります。民間整備工場では中古パーツを活用して必要となる費用を抑制することもできます。加えて、製造メーカーの整備工場においては次の自動車の検査までキープするように部品交換をしていくわけですが、金額の安いところではひとまず今回の検査を通すことを狙った最下限の整備を実施するところがあります。

付加サービスもメリットの一つです

それぞれの自動車製造メーカーの販売店によりましては製造メーカーの保証そのものが切れた後になっても保証を引き伸ばしするようなサービスを採用しているところもあるので、長期にわたって同一の自動車に乗車し続けたいケースではそうしたサービスを享受できるところのほうが良いかもしれません。それに加えて、店の担当によりましては車検にとどまらず12ヶ月点検、あるいは自動車保険に関しても任せられる場合もあります。12ヶ月点検は自分自身で実行すればよいものですが、点検に時間を作れないといった場合、あるいは自動車保険に関しても担当者が付いていたほうが安心という場合はディーラーにお任せしたほうが良いでしょう。

記事一覧