車検整備にかかる費用を安くするには

必ず受けることになる検査を知る

マイカーを持つようになると、必ず行うことになるのが車検です。一般の道路を走る車には、全てこの検査を受けることが義務付けられています。しかし多くの人は、この検査もただの決まりごととして受けて止めていて、深く考えることなく、点検整備を受けているのではないでしょうか。日本国内で公共の道路を走る車には、その車ごとにナンバープレートを付けることが、義務となっています。そのプレートを付けるためには、検査を受けた証明証を備えることと、検査標章と言われる車検ステッカーを表示することになっています。この検査証には、自動車の種類に応じて、有効な期限が定められており、その有効期限を過ぎての道路走行は出来ないことになっています。多くの人が利用される普通乗用車の車検の有効期限は、新車購入時で3年となっており、その後は2年に一度検査を受けることになっています。

保安基準に達するためにかかるお金

そのため、この検査を受けることは継続検査と言う意味合いを持ち、検査の時には車が、国の定める所の保安基準に適合していることが必要になります。保安基準に達していることで、検査証の有効期限の更新が出来ることになり、保安基準に達していない個所が見つかった時には、整備や部品交換と言ったことが行なわれ、基準を達成させることになります。この検査とは、車の部品や整備状態が日本の道路を走行する上で、国が定めた基準内に収めるものです。走行する上で、安全かつ環境に問題ない状態にあるのかの、大事なチェック機能と言うことになります。しかし、この検査を受ける時に、問題となっているのが、大きな費用がかかることです。特に年式の古くなった車は、検査費以外にも部品の修理・交換料が多くかかることから、金額を少なく済ます検査場を探す人も増えています。

どこで検査を受けると安くなるのか

この検査を受ける方法として、ディーラー、専門店、自動車修理工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどが考えられます。また、金額を極力少なくしたいと言う人には、自分で検査場に行き、検査を受けることになるユーザー車検があります。ですが検査時において、多くかかる費用は、法定費用と言うもので、どこで検査を受けてもかかる金額です。それが、自賠責保険料であり、重量税であり、印紙代となります。これ以外の費用が、修理に必要なった金額であり、交換が必要になった部品代と言うことになります。その金額が高いと言われるのがディーラーで、安く済ますことが出来るのが、専門店や用品店、ガソリンスタンドです。検査を受ける時に必要なことは、かかる金額だけでなく、アフターフォローをキチンとしてくれることも、大きな要件になって来ると考えられます。そんなこともあり、普段からお付き合いのある所を大事にすると言う方法も、一つの考え方になるかも知れません。

記事一覧